やみつきになるポム・デュセスの作り方

付け合わせ




今回は「ポムデュセス」をご紹介します!

ポム・デュセスはベルギー料理と言われ、ポムはじゃがいも、デュセスは公爵夫人という意味らしいです(詳しくは知りませんでした笑)

作り方としては、ポムピューレに卵黄を混ぜてオーブンで焼いたような感じです。

 

フレンチではじゃがいもを使った料理が多く、ポムデュセスも付け合わせ(ガルニチュール)として使われます。

付け合わせとしてももちろんですが、おやつとしてパクパク食べられる美味しい料理です!

 

材料

 

  • じゃがいも ・・・250〜300g
  • 卵黄 ・・・1個
  • 牛乳 ・・・10ml
  • バター ・・・20g
  • 塩 ・・・適量
  • ブラックペッパー ・・・適量

 

作り方

まずじゃがいもの皮をむき、適当な大きさに切ります。

point小さめに切ると茹で上がりが早くなります!

小さすぎると茹でている間に煮溶けてしまうので、ある程度の大きさは残しておきましょう。

竹串を刺してみてスッと刺さるようになるまで茹でます。

 

茹で上がったらザルにあけて水気を切り、じゃがいもが温かいうちに裏ごしします。

point優しく練るように裏ごしするとグルテンがでて粘り気が強くなってしまうので、体重を乗せて一気に濾しましょう!

 

濾したじゃがいもに卵黄、牛乳、バターを加えてよく混ぜ、塩、白胡椒で味を調えます。

じゃがいもが暖かい場合は冷たいバターを混ぜ込んでいいのですが、冷めている場合は湯煎等で溶かしバターにした方がいいでしょう。

 

 

星型の口金をつけた絞り袋にいれ、オーブンシートを敷いたバットか天板に絞り出します。

オーブンシートが動かないようにバットや天板にオイルを塗ってオーブンシートを貼り付けておきましょう。

200℃のオーブンで10分ほど焼きます。

焼き色が足りない場合は焼き色がつくまで追加で加熱しましょう。

 

焼き上がったら味をみて物足りなければ塩、胡椒を振りかけて完成です!!

料理の付け合わせにもいいですが、おやつにもぴったりで、ひとつ食べたら止まらなくなる美味しさです!

是非作ってみてください!!

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございます!

ツイッターのフォロー等もよろしくお願いします⬇︎

バター

白胡椒


sponcered link

コメント