白とうもろこしのムースリーヌ

付け合わせ




今回は白とうもろこしのムースリーヌをご紹介します!

 

白とうもろこしは普通のとうもろこしよりも糖度が高く、生でも食べることのできる品種です。

生でも食べられるけど火を通してもその甘みは変わらないので、ムースリーヌにしやすいように今回は一度茹でて使います。

 

また、ムースリーヌとはなんだ?って思われる方もいるかもしれません。

ムースリーヌとは、生クリームを加えたデザートによく使われる言葉ですが、塩気のあるものにも使われ、滑らかなジャガイモのピューレのことを「じゃがいものムースリーヌ」と呼んだりもします。

 

ムースリーヌという言葉自体の線引きは割と曖昧で、今回の白とうもろこしのムースリーヌもじゃがいものピューレのような感じで、少しもったりとしたものとして名付けています。

 

それでは作り方を見ていきましょう!

 

 

材料(約3〜4人分)

 

  • 白とうもろこし ・・・2本
  • ブイヨン ・・・250ml
  • 生クリーム ・・・40ml
  • バター ・・・20g
  • 塩 ・・・適量

 

ブイヨン =フレンチで使われる鶏のダシ汁。今回は無ければ水で代用しても構いません。また、顆粒の市販品などもあるので一番下に商品リンク貼っておきます!

 

 

作り方

 

白とうもろこしは皮とヒゲを取り除きます。

 

 

まず包丁で半分に短くカットし、包丁で削ぐように実を芯から外します。

 

 

鍋にブイヨンを入れ、その中にとうもろこしの芯を入れて火にかけます。

とうもろこしの芯からも美味しい出汁が出るので、20分ほど弱火にかけて煮出していきます。

 

 

芯を取り出し、ブイヨンに白とうもろこしの実を入れて20分ほど弱火で茹でます。

 

 

茹でたとうもろこしの水分を切ってフードプロセッサーでペースト状にします。

目の細かいザル(シノワ)で裏ごしして綺麗な鍋に入れ、ごく弱火にかけて水分を飛ばします。

 

 

なるべくとうもろこしの白さを活かしたいので、色づかないように一番の弱火で混ぜ続けながら加熱していきます。

 

 

ヘラですくってボタッと落ちるくらいになったら生クリームを加えて温め、もったりとしてきたら火を止めて冷たいバターを加えて乳化させます。

最後に塩で味を調えて完成です!!

 

 

もったりとして滑らかな口当たりで、白とうもろこしの甘みと香りがとても美味しいです!

 

 

上の写真では鴨肉のロティアンディーブのブレゼ4色胡椒のソースに白とうもろこしのムースリーヌを合わせてあります。

 

少し味の濃い料理の付け合わせにすれば、ほんのりとした甘みがいい箸休めにもなりますので是非お試しを!

 

 

今回も最後までお読みくださりありがとうございます!!

白とうもろこし

ブイヨン(顆粒)

ブイヨン(冷凍)

顆粒の方がお手軽ですが、こっちの冷凍ブイヨンの方がより本格的な味わいがあります。お値段もそこまでではないのでおススメです!!



sponcered link

コメント