ラップを使った合わせバターの成形の仕方

テクニック




今回は合わせバターの成形の仕方をご紹介します!

 

合わせバターとは、柔らかくしたバターにその他の材料を混ぜあわせて作るものです。

ステーキ屋さんのステーキの上に乗ってるパセリバターは合わせバターの一種ですね!

 

 

そんな合わせバターは、ほとんどの場合円柱状に成形されます。

こうすることで使いたい時に使いたい分だけスライスして使えるので便利だからです。

 

今回はエスカルゴバターを使って成形の仕方を紹介していきます!

エスカルゴバターの作り方はこちらから(エスカルゴバターとは言いますが、中にエスカルゴが入っているわけではありません笑)⬇︎

エスカルゴバター
バターにニンニクとパセリを混ぜ合わせるだけで抜群の美味しさに! エスカルゴとの相性は抜群です!!

 

 

 

やり方

 

まず、机か作業台にラップを1枚大きめに引きます。

合わせバターを真ん中より少し下に乗せ、横長になるようにならします。

 

 

ラップの手前を持ち上げて、ラップでバターを覆うように包み込みます。

ヘラやカードでバターを寄せて、ラップが軽く張った状態になるように形を整えます。

 

 

そのまま奥に転がし、ラップを巻き込み、全体が同じ太さになるように調節します。

 

 

両端の余ったラップをねじり、両端の付け根を指でつまんで奥にコロコロと転がします。

転がしていくとラップが張ってきてきれいな円柱状になってきます。

 

point転がしすぎるとパンパンになってラップが破れることがあるので注意しましょう!

 

 

いい具合に形が整ったら片方をなるべく緩まないように結びます。

再び転がしてもう片方の端も破れないよつにきつく結びます。

 

 

余分なラップを切り落として完成です!!

使う時まで冷蔵庫で冷やし固めておきましょう!

長期保存したい場合は冷凍保存もできます!

 

 

使う時にはこのようにラップを剥がしてスライスして使います。

 

 

今回も最後までお読みくださりありがとうございました!

 

【お知らせ】

ラム肉やジビエのお肉など、珍しいお肉が欲しい方は、スーパーでは手に入らないユニークなお肉が、500種類【ミートガイ】
がおススメです!
大きめのお肉も手に入るのでローストビーフ作りにも!

⬇︎  ⬇︎  ⬇︎



sponcered link

コメント