スパイスから作る牛スネ肉の欧風カレー

イタリアン、その他



今回は牛スネ肉の欧風カレーの作り方をご紹介します!

暑い季節になってきましたが、こんな暑い日にはむしろ熱くてスパイシーな料理が食べたくなる時もありますよね!!

 

今回はフレンチのテクニックを使った、スパイスから作る欧風カレーを作ってみましょう!

スパイスの香りと洋風ダシの旨味が段違いの美味しさを作り出します!!

少し手間はかかりますがとても美味しいカレーになりますので、是非作ってみてください!!

 



材料

 

洋風ダシ

  • バター ・・・20g
  • 玉ねぎ(アメ色用) ・・・1/2個
  • ニンニク ・・・2片
  • 生姜 ・・・1/2個
  • 牛スネ ・・・好きなだけ
  • 玉ねぎ(ミルポワ用) ・・・1/2個
  • にんじん ・・・1本
  • トマトペースト ・・・10g
  • ローリエ ・・・1枚
  • フォンドヴォライユ ・・・100ml(なければなしで)

 

カレールウ

  • バター ・・・50g
  • 薄力粉 ・・・40g
  • ターメリック ・・・2g
  • クミン ・・・6g
  • カイエンペッパー ・・・3g
  • コリアンダー ・・・ 8g
  • クローブ ・・・2g
  • シナモンパウダー ・・・2g
  • オールスパイス ・・・2g
  • 塩 ・・・適量

 

フォンドヴォライユはなければなしで構いませんが、顆粒のブイヨンで代用もできます。

また、この記事の一番下に冷凍のブイヨンのリンクを貼っておきますので気になる方はそちらから!

顆粒より断然美味しくなります!

 

 

作り方

 

洋風ダシ

 

まず鍋にバターを入れて火にかけ溶かし、みじん切りにした玉ねぎを炒めます。

軽く色づいてくるまで中火で炒めていきます。

 

 

玉ねぎが少し茶色っぽく色が付いてきたらみじん切りにしたニンニクとショウガを加えて弱火にし、さらにじっくり炒めていきます。

玉ねぎから出てきた水分が蒸発し、玉ねぎがきつね色に色づくまで炒めたら、深めの別の鍋に移します(鍋に火はつけないまま)。

 

 

玉ねぎを炒めた鍋には旨味がこびりついています。

pointこれをフレンチでは「シュック」と呼びます。

このシュックは玉ねぎから出た旨味がこびりついたものなので、このまま洗わないようにしましょう。

 

 

シュックがこびりついた鍋に水を適量注ぎ、火にかけて沸騰させたら木ベラでシュックをこそげ取るように溶かします。

この工程をフレンチでは「デグラッセ」と呼びます。

デグラッセしたものを炒めた玉ねぎと同じ鍋に入れておきます。

 

 

次に牛スネ肉を焼きます。

オリーブオイルを引いたフライパンで全ての面に焼き色がつくまで焼きます。

この後煮込むので完全に火が通っていなくて大丈夫です。

また、お肉の周りにスジが付いていても煮込むと柔らかくなるので取り除かなくて大丈夫です。

焼きあがったら玉ねぎと同じ鍋に移します。

 

 

次に玉ねぎ、にんじんを炒めます。

少し多めの油を引いたフライパンで玉ねぎとにんじんに焼き色がつくように炒めます。

うっすらと焼き色が付いてきたらトマトペーストを加えてよく混ぜ合わせ、再び色づくまで炒めます。

綺麗に焼き色がついたら玉ねぎ、スネ肉と同じ鍋に移します。

こちらもデグラッセして液体を鍋に加えます。

 

 

玉ねぎやスネ肉が入った鍋にフォンドヴォライユ、ひたひたになるくらいの水、ローリエを入れて中火で沸かし、アクを取ります。

アクを取りきったらごく弱火にし、4時間ほど煮出します。

アクが出てきたらその都度取り除きましょう!

 

 

煮出したらスネ肉を別の容器に取り出しておき、液体をザルで濾して香味野菜を取り除きます。

レードルでぎゅっと押して香味野菜から水分を絞り出します。

次にペーパーを敷いたザルでもう一度液体を濾し、細かな野菜の破片などを取り除きます。

 

 

カレールウ

 

まず、スパイスを全て計量して合わせておきます。

 

 

次にルウを作ります。

バターを入れた鍋を火にかけ、バターが溶けたらふるった薄力粉を一気に加えてよく混ぜます。

弱火でルウが茶色っぽくなるまで混ぜながら火を入れていきます。

今回は薄力粉よりバターが多いので少し色づきづらくなっているので、少し時間がかかると思います。

 

 

ルウに色が付いたらスパイスを加えてよく混ぜ合わせます。

もしいくら混ぜても粉っぽいようなら少しオリーブオイルを加えても結構です。

よく混ざってドロドロのペースト状にるまで混ぜ合わせます。

これをカレールウとします。

 

 

仕上げ

 

カレールウに洋風ダシを少しずつ伸ばすように加えていきます。

液体を全て加えたらスジ肉を入れて、ちょうどいいとろみになるまで煮詰めます。

塩で味を整えて火を止め、よく冷えたバターを入れて乳化させます。

 

 

よく温ためてお皿に盛り付けたら完成です!!

今回はバターライスとソテーした野菜を添えています。

 

バターライスの作り方はこちらから⬇︎

鍋で炊くバターライスの作り方
フランス料理で付け合わせに使われる本格バターライスを鍋で炊いてみましょう!

 

ピリッと辛みが効いたスパイシーなカレーです!

市販のルウのものとはひと味違う、スパイスの香りが立ったカレーに仕上がりました!

もしスパイシーすぎたら牛乳などでまろやかにしても美味しいと思います!

 

今回も最後までお読みくださりありがとうございます!

最後に材料のリンクを貼っておきます!

こちらは9種類のスパイスから5種類を20gずつ自由に選んで買うことができます!⬇︎

 

こちらが冷凍のブイヨンです!

化学調味料や保存料を使っていないため安心で、旨味の強いブイヨンです!

顆粒のブイヨンとは全然違います!!

その他、お肉はこちらのショップが品揃えが豊富で珍しい食材もあるのでおススメです!⬇︎




sponcered link

コメント