ポルチーニとキノコのリゾット!

イタリアン、その他




こんにちは!ラ・ターブルのコロンです!

 

今回はイタリアンのリゾットを作ります。

リゾットは日本でも人気のあるイタリア料理として有名ですが、フレンチでも使われることもあります。

 

今回は基礎的な作り方をご紹介しますが、生クリームを加えてみたり、ゴルゴンゾーラチーズで作ったりアレンジをしてみると楽しいと思います!

 

材料(2〜3人前)

 

  • オリーブオイル ・・・適量
  • 無洗米 ・・・2合
  • 玉ねぎ ・・・1/2個
  • ポルチーニの粉末 ・・・適量
  • フォン・ド・ヴォライユ ・・・150ml
  • バター ・・・リゾット用に15gほど
  • マッシュルーム ・・・2、3個
  • エリンギ ・・・1本
  • パルミジャーノチーズ ・・・適量
  • ブラックペッパー ・・・適量
  • イタリアンパセリ ・・・適量

 

今回はポルチーニの粉末を使いましたが、乾燥ポルチーニを使っても構いません。

乾燥ポルチーニを使う場合は、適量のぬるま湯にポルチーニを浸してもどしたら、お湯とフォンドヴォライユに戻し汁を加えます。

戻したポルチーニはみじん切りにして、お米と同じタイミングで炒めると美味しくいただけます。

 

また、フォンドヴォライユがない方が多いと思うので、粉末のチキンブイヨンをお湯に溶かして使っても大丈夫です。

ただし、コンソメを使う場合は塩気が強すぎてしまうので、パッケージに表示されている分量よりも多めの水に溶かしてください。

 

もし無洗米がなかったら、普通のお米を水洗いし、キッチンペーパーでよく水気を切って使用しても大丈夫です(あまりオススメはしませんが)。

 

作り方

 

まず、リゾットを炊くためのブイヨンを作ります。(厳密にはブイヨンではないのですが、便宜上ブイヨンと呼びます)

イタリアンではブロードと呼ばれます。

 

今回は「ポルチーニの粉末」を使ってブイヨンを取ります。

まず軽く温めたお湯にポルチーニの粉末を加え、30分ほど置いておきます。

置いておくとポルチーニの出汁が出てきます。

 

粉末は溶けるわけではないので、下に沈殿しています。

これをそのまま使うと粉が残ってザラザラしてしまうので、ガーゼやキッチンペーパーをザルに引いて濾します

再び軽く温めたらフォン・ド・ヴォライユを加えます。

 

別のフライパンにオリーブオイルを引き、玉ねぎのみじん切りをシュエ(弱火で優しく炒める)します。

ここで軽く塩を振り、水分を抜きます。

 

玉ねぎがしんなりしてきたら無洗米を入れて炒めます。

お米にオリーブオイルを絡めて、お米が少し透き通ってくるまで炒めます。

 

炒まったら、ここに温めておいたブイヨンを、レードル2〜3杯ほど加えます。

 

すぐにお米が水分を吸っていき、ブイヨンがなくなってきます。

なくなってきたらその都度ひたひたくらいまでブイヨンを足していき、これをお米の芯がなくなるくらいまで繰り返します。

 

ちょうどいい硬さまであと一歩というくらいですりおろしたパルミジャーノチーズを加え、和えます。

市販の粉チーズでも構いません。

 

最後にバターを加えて香りとコクを足し、塩コショウで味付けをします。

 

別のフライパンで縦4分の1カットしたエリンギと、薄切りにしたマッシュルームをバターでソテーします。

塩とコショウで味を整えます。

 

最後に盛り付けです。

リゾットを高さが出るように盛り付け、ソテーしたマッシュルームとエリンギを乗せます。

オリーブオイル(できればエクストラバージン)を回しかけ、すりおろしたパルミジャーノチーズ、ブラックペッパーを振りかけ、仕上げにイタリアンパセリのアッシェ(みじん切り)を散らしたら完成です!

 

ポルチーニの香りとパルミジャーノチーズのコクが合わさって、旨味が凝縮したリッチな味わいです!

是非お試しください!

今回も最後までお読みいただきありがとうございます!

 

今回使用した食材等をご紹介します。

ポルチーニの粉末

乾燥ポルチーニ

チキンブイヨン

パルミジャーノチーズ

sponcered link

コメント