ブール・ノワゼット(焦がしバター)ソース

ソース




今回はブール・ノワゼット(焦がしバター)ソースをご紹介します!

フランス語で、ブール=バターノワゼット=ヘーゼルナッツという意味で、このソースの色とヘーゼルナッツの色とが似ていることから、この名前が付いたそうです。

 

魚料理などの淡白な味の素材にとてもよく合い、バターのコクとレモンの酸味がとても美味しく、私もお気に入りのソースです!

バターが多めのソースではありますが、しっかり焦がすことで全くくどくなりません!

 

 

材料(2人分)

 

  • バター ・・・約15g
  • レモン ・・・1/4個
  • パセリ ・・・適量
  • ケッパー ・・・適量
  • 塩 ・・・適量

※写真は4人分で作っています。

 

 

作り方

 

まず、鍋にバターを入れ、弱〜中火にかけて溶かします。

 

バターが溶けてからも加熱を続けていくと、しゅわしゅわと表面に泡が出てきます。

 

泡で見えにくいかも知れませんが、鍋を動かすとバターが色づいているのがわかります。

いわゆる「ハシバミ色」、薄めの茶色っぽい色になったら火を止め、レモンを絞って余熱で焦げるのを止めます。

 

少し粗熱を取ったら、みじん切りにしたパセリとケッパーを加えて、塩で味を調えたら完成です!

あまり熱々の時にパセリを入れてしまうと焦げてしまうので、少しだけ冷ましてから入れましょう。

 

また、ソースの中に黒っぽいつぶつぶがありますが、これはバターに含まれるタンパク質が焦げたものなので、そのままで大丈夫です。

焦がしバターの香ばしい香りに、レモンの酸味が味を引き締めるコクのあるソースです!是非お試しください!

 

このソースを使ったレシピはこちらから↓

サーモンのムニエル

サーモンのムニエル 焦がしバターソース
脂の乗ったジューシーなサーモンを焦がしバターとレモンのコクとキレのあるソースでいただきます!

 

スモークしたホタテのポワレ

スモークしたホタテのポワレ
軽くスモークしたホタテをポワレしクスクスの上へ。 焦がしバターソースとルッコラ、オリーブのピューレ!

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございます!

今回使用した食材等をご紹介します。

ケッパー

バター



sponcered link

コメント