【クッキングシート】コルネの作り方

テクニック




今回はコルネの作り方をご紹介します!

コルネはクッキングシートを円錐形に丸めたもので、中に溶かしたチョコレートやソースなどを入れて絞り出し、文字や模様を描くためのものです。

簡単に言うとチョコペンですね!

このコルネで文字を書くことを「パイピング 」と言いますが、少し難しくコツがいるので、パイピングはまた別の機会に記事を書きたいと思います!

 

今回は写真でわかりやすいように割と大きめに作っていますが、実際は結構小さめです。

 

それではやり方を見ていきましょう!

 

 

まず長方形のクッキングシートを用意します。

対角線に折り目をつけて、三角形になるように半分にカットします。

特にきれいな正三角形にならなくても大丈夫なのでそんなに細かく気にしなくて大丈夫です。

 

端を持ち上げ、一番長い辺の真ん中くらい(上の写真の⭕️のところ)が先端になるように尖らせます。

 

円錐形になるように先端を尖らせつつ、くるくると巻いていきます。

 

巻けたら、口の大きい方(先端の反対側)に紙の角が集まります。

この集まった角を全て内側に細かく織り込んで、開かないようにします。

 

これでコルネは完成です!

ここにチョコレートやソースを入れて絞り出して文字や模様を書きます。

使い方や文字の書き方のコツなどはまたの機会に書きたいと思っています。

 

 

今回も最後までお読みくださりありがとうございます!!

もしデザート作りや製菓に興味があれば、【TOMIZ(富澤商店)】がおススメです!

品揃えがかなり豊富で、小サイズのものもあるので材料を余らせたくない方にもぴったりです!!




sponcered link

コメント