マッシュルームの深い香りのジュ・ド・シャンピニオン

フォン、ジュの取り方


今回はジュ・ド・シャンピニオンを紹介します!

シャンピニオンとはフランス語でキノコの総称ですが、主にマッシュルームのことを指します。

ほかのキノコと区別するためにマッシュルームを「シャンピニオン・ド・パリ」と呼ぶこともあります。

また、ジュは動物系のものが主流ですが、シャンピニオンやトリュフなどからもジュを取ることができます。

そもそもジュって何…?って方はこちらの記事をご覧ください⬇︎

フレンチに欠かせないフォンとジュの違いとは?
フレンチといえば美味しいソース。 そのソースの基盤となるフォンとジュ 似ている2つの違いと特徴を紹介

 

結構シャンピニオンの香りが強く出ているので、味付けのアクセントやコクを出すのに重宝します!

作り方はいたってシンプルで煮出すのも短時間なのでオススメです!

ホワイトマッシュルームで結構です!

 

材料

 

  • 玉ねぎ ・・・1/2個
  • マッシュルーム ・・・中5〜7個
  • オリーブオイル ・・・適量
  • 水 ・・・80ml

 

作り方

まず、粗みじん切り(シズレ)にした玉ねぎを弱火でじっくりと炒めます。

水分が出てきて玉ねぎが少し透き通るまで炒めていきます。

 

玉ねぎに十分火が通ったら粗みじん切り(シズレ)にしたマッシュルームを加えて炒めていきます。

 

マッシュルームから水分が出てきたら分量の水を加えて蓋をし、弱火で蒸しながら煮出していきます。

 

10分くらい煮出したらシノワで濾します(パッセ)。

pointマッシュルームは旨味を吸っているので絞るようにぎゅっと押して水分を抽出しましょう

 

これでジュ・ド・シャンピニオンの完成です!

結構マッシュルームの香りが強く出ているので味付けのアクセントにオススメです!

このジュを使ったレシピはこちら⬇︎

マッシュルームのフラン カプチーノ仕立て
今回はマッシュルームのフランをご紹介します! フランとは、卵とフォンやブイヨン、ピューレなどを混ぜ合わせて蒸して作る、洋風の茶碗蒸しみたいなものです。 今回はマッシュルームをピューレにしてフランにし、その上にソテーし...

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございます!

マッシュルーム(シャンピニオン・ド・パリ)


sponcered link

コメント