ピペラード

付け合わせ




今回はピペラードをご紹介します!!

 

ピペラードはバスク地方の家庭料理で、野菜をトマトで煮込んだ料理です。

ラタトゥイユと似ていますが、ピペラード は「エスペレット」と呼ばれるバスク地方の唐辛子を使って辛味をつけている点と、溶き卵を加える点で違いがあります。

 

卵料理と相性がよく、生ハムとオムレツにピペラードを合わせるのが定番の食べ方となっています。

 

それでは作り方を見ていきましょう!!

 

 

材料

 

  • 赤ピーマン ・・・2個
  • ピーマン ・・・2個
  • 玉ねぎ ・・・1/2個
  • オリーブオイル ・・・スプーン2杯
  • ホールトマト ・・・400g(ひと缶)
  • 白ワイン ・・・150ml
  • ニンニク ・・・ひとかけ
  • タイム ・・・2本
  • ローリエ ・・・1枚
  • 全卵 ・・・一個
  • エスペレット(唐辛子) ・・・小さじ半分
  • 塩 ・・・適量

 

エスペレット=正式にはピマン・デスペレット。フランス、バスク地方の唐辛子で日本の唐辛子より辛味は弱い。分量は書いてあるが味を見て調節してください。

あまり売っていないので、なければ一味唐辛子で代用可能。もし欲しい場合はこのページの一番下の商品リンクからどうぞ!

 

 

 

作り方

 

ボウルにホールトマトを空けて手で少し粗めに潰します。

 

 

鍋にオリーブオイルと潰したにんにく、タイムを入れて弱火にかけ、香りを引き出します。

 

 

ニンニクがしゅわしゅわと泡が出てきたら、厚めにスライスしたピーマン、赤ピーマン、玉ねぎを入れてしんなりするまで炒めます。

 

 

野菜がしんなりと炒まったら、白ワインと潰したホールトマト、ローリエを加えて煮込みます。

 

 

焦げないように混ぜながら中火で10分ほど水分が少なくなるまで(シャバシャバでなくなるまで)煮詰めていきます。

煮詰まったら弱火にして溶いた全卵を加え、卵が固まる前に全体をよく混ぜ合わせます。

エスペレット、塩、白胡椒で味を整えて完成です!!

 

 

トロッと煮込まれた野菜と卵のまろやかさ、エスペレットのピリッとした辛味が美味しい一品です!

卵料理と相性が良く、オムレツやスクランブルエッグに添えたり、ソースとしてかけたりするととても美味しいのでおすすめです!!

 

また、オムレツとピペラードに生ハムを合わせる食べ方も定番なのでお試しを!

(上の写真のパウダー状のものは生ハムパウダーです)。

 

 

このようにメイン料理の付け合わせとしても利用できます!(写真は豚足のパートブリック包みの付け合わせとして)

 

 

今回も最後までお読みくださりありがとうございます!!

ツイッターフォローもよろしくお願いします!

ピマン・デスペレット



sponcered link

コメント