粒マスタードソース

ソース




今回は粒マスタードソースの作り方をご紹介します!!

 

粒マスタードの香りと酸味の効いた美味しいソースです!!

フォンドヴォーとエシャロットさえ手に入れば(このページの一番下にリンク貼っておきますが)、あとは簡単に手に入るものばかりなので、是非作ってみてください!!

 

エシャロットは玉ねぎとニンニクで代用しても構いません。

代用する場合のやり方など詳しくはこちらから⬇︎

【実験】エシャロットは代用できるのか!?
フレンチではよく使われるエシャロットですが、ほかの食材で代用できるのか、実験で比較してみました!

 

豚肉、牛肉、鶏肉と、割とオールマイティに使えるソースなので、迷ったらこのソース作ってみてはいかがでしょうか?

鶏肉に使う場合はフォンドボーをフォンドヴォライユに変えるといいかもしれません(なければフォンドボーで)。

 

それでは作り方を見ていきましょう!

 

 

材料(約4人分)

 

  • エシャロット ・・・1/2個
  • 白胡椒 ・・・10粒
  • 白ワイン ・・・150ml
  • フォンドヴォー ・・・100ml
  • 粒マスタード ・・・10g
  • バター ・・・15g
  • 塩 ・・・適量

 

フォンドヴォー=仔牛からとったフレンチの出汁。缶詰でスーパーに売っていることもあります。このページの一番下にリンクを貼って置くのでそちらから購入できます。

 

 

エシャロット=小さい紫玉ねぎみたいな見た目で特有の香りがある香味野菜。エシャレットというらっきょうと間違えないように注意!これも一番下にリンク貼っておくのでそこから購入できます。

 

 

作り方

 

まずスライスしたエシャロット、潰した白胡椒、白ワインを鍋に入れて弱火にかけます。

 

 

だんだんと煮詰まって水分が減ってきて、上の写真くらいの水分量になったら強火にし、焦げないようによく混ぜながら余分な酸味を飛ばします。

 

 

⬆︎このようにほとんど水分がなくなるまで煮詰めましょう!

 

 

ここまで煮詰めたらフォンドヴォーを入れて再び弱火で半分のかさになるまで煮詰めたら、目の細かいザルで(量が少なければ茶漉しで)濾します。

 

 

濾したものを鍋に入れて再び弱火で煮詰めていきます。

ゴムベラで鍋底をさらうと線が描けて、その線がゆっくり消えていくくらいまで煮詰めます。

 

 

そこまで煮詰めたら粒マスタードを加えてよく混ぜ、火を止めて角切りにした冷たいバターを加えて少しずつ溶かしながら混ぜ込んでいき、とろみをつけます(乳化、モンテ乳化、モンテ)。

 

 

最後に塩で味を整えて完成です!!

粒マスタードの香りと強い旨味が合わさったとても美味しいソースです!

個人的には焼いた豚肉に合わせるのが好きですが、牛肉や鶏肉とも相性がいいので、オールマイティに使えます!

(鶏肉と合わせる場合はフォンドヴォライユを使うといいでしょう)

 

 

料理と合わせるとこんな感じに!

これはピエドコション(豚足)のパートブリック包み、付け合わせにピペラード(野菜のトマト煮)に合わせています。

 

 

今回も最後までお読みくださりありがとうございます!!

ツイッターフォローよろしくお願いします!

フォンドヴォー

エシャロット

【お知らせ】

ラム肉やジビエのお肉など、珍しいお肉が欲しい方は、スーパーでは手に入らないユニークなお肉が、500種類【ミートガイ】
がおススメです!
大きめのお肉も手に入るのでローストビーフ作りにも!

⬇︎  ⬇︎  ⬇︎



sponcered link

コメント