ローストビーフ丼用2種類のソースの作り方

ソース




今回はローストビーフ丼用のソース2種類をご紹介します!

 

普段このブログではフランス料理のレシピを紹介しているのですが、以前ローストビーフを作った時にローストビーフ丼のソースも需要があるんじゃないかな〜と思ったので今回執筆しました。

ローストビーフは洋のものなので、洋風な赤ワインソースなんかもローストビーフには合うのですが、やはり「丼」ということを考えるとちょっと微妙かな…と。

ということで今回作るのは和風ソースなので、このブログとしては珍しく醤油やみりんと言った日本の食材を使います笑

 

ローストビーフから自分で焼くぞ〜って方はこちらで焼き方を紹介しているので興味があれば参考にしてみてください⬇︎

本格的なローストビーフの焼き方
今回はローストビーフの作り方をご紹介します! 最近ではローストビーフの作り方にも低温調理器を使うもの、ポットや炊飯器の保温機能を使って放置しておくだけで作れるものなど色々なやり方がありますね。しかし今回は一番オーソ...

 

それでは早速作り方を見ていきましょう!

 

材料(2人分)

 

玉ねぎソース

  • 玉ねぎ ・・・1/4個
  • にんにく ・・・1かけ
  • 醤油 ・・・20g
  • みりん ・・・15g
  • 砂糖 ・・・5g
  • 日本酒 ・・・20g

 

ヨーグルトソース

  • ヨーグルト(プレーン)・・・80g
  • マヨネーズ ・・・30g
  • ガーリックパウダー ・・・ふたつまみほど
  • ブラックペッパー ・・・適量
  • 塩 ・・・適量
  • ホースラディッシュ(西洋わさび)(フレッシュ・すり下ろし)・・・2g
  • レモン汁 ・・・2g

 

 

ホースラディッシュは瓶詰めだったり、本わさびのようにチューブで売られたりしていることがあります。意外とスーパーでも普通に売っていたりするのでチェックしてみてください!

 

作り方

 

玉ねぎソース

まず玉ねぎとにんにくをすり下ろします。玉ねぎをすり下ろす時はみじん切り以上に目が痛くなる場合があるので覚悟を決めましょう笑

すり下ろした時に玉ねぎから出た水分は旨味を含んでいるので捨てずに一緒に使います。

 

鍋に醤油、日本酒、みりん、砂糖、すり下ろしたにんにくを入れて火にかけます。日本酒とみりんのアルコール分を飛ばしながら煮詰めていきます。

後でおろし玉ねぎを加えた時に薄まるので、味見をして「しょっぱっ!」と感じるくらいまで煮詰めていきます。

 

しっかりと煮詰まったら、タレが熱いうちにおろし玉ねぎを加えてよく混ぜ、そのまま常温になるまで放置します。

火を止めてからタレが熱いうちに玉ねぎを加えることで余熱で玉ねぎの辛みが抜けつつ、しゃりしゃりとした食感を残すことができます。

 

これで玉ねぎソースの完成です!ちなみにこのソースにサラダ油を混ぜれば和風ドレッシングとして美味しく食べることができます。

 

ヨーグルトソース

 

ヨーグルトソースはシンプルに全ての材料を混ぜるだけです!簡単ですね笑

材料欄にガーリックパウダーと書いてありますが、これを生のおろしにんにくで代用するとかなり匂いも辛みも強くなってしまうので、生のにんにくで代用するなら量をかなり減らした方がいいと思います。

あとホースラディッシュは無ければ無いでも良いのですが、ローストビーフとの相性が良く、香りもとても良いので入れることを強くお勧めします!

 

 

ローストビーフ丼にするとこんな感じ!美味しそうですね〜。食欲をそそる2種類のソースがローストビーフによく絡んでとっても美味しいので是非使ってみてください!!

ちなみにローストビーフから自分で焼こうと思っている方は、こちらで焼き方を紹介しているのでよろしければ参考にしてみてください⬇︎

本格的なローストビーフの焼き方
今回はローストビーフの作り方をご紹介します! 最近ではローストビーフの作り方にも低温調理器を使うもの、ポットや炊飯器の保温機能を使って放置しておくだけで作れるものなど色々なやり方がありますね。しかし今回は一番オーソ...

 

 

今回も最後までお読みくださりありがとうございました!!

ホースラディッシュ



sponcered link

コメント