馬肉のタルタルステーキ

前菜




今回は馬肉のタルタルステーキの作り方をご紹介します!

 

タルタルステーキはご存知の方も少なくないと思いますが、生肉のお料理ですね。フランス版のユッケみたいなものでとっても美味しいのです!生肉というと多少敬遠してしまう方もいるかと思いますが、今回は安全で臭みもない馬肉を使用するので美味しく食べられると思います!

ユッケや馬刺しが好きな方なら間違いなく好きな料理だと思いますよ!笑

 

それでは作り方を見ていきましょう!

 

 

材料(2〜3人分)

 

  • 生食用の馬肉 ・・・約200g
  • にんにく ・・・2カケ
  • エシャロット(玉ねぎで代用可) ・・・30gくらい
  • ケッパー ・・・15粒くらい
  • オリーブオイル ・・・10g
  • 塩 ・・・ひとつまみ
  • 卵黄 ・・・1個

 

注意点

馬肉は必ず生食用のものを使いましょう!タルタルステーキの作り方としては「牛肉等のブロック肉の外側だけ焼き、中心の生焼け部分を使う」というやり方がありますが、私はお勧めしません。

というのも信頼できる業者や新鮮なお肉を仕入れることができる飲食店ならこのやり方でもアリですが、スーパーで売っているお肉は生食を前提としていないので、加工のやり方や鮮度的にも生食することにリスクがないとは言い切れません。

なのできちんと「生食用」、「刺身用」、馬肉であれば「馬刺し用」と表記されているものを使用することを激しくお勧めします!

 

 

作り方

 

今回の主役となる生食用の馬肉です。上の写真のようにパッケージに「馬刺し」または「生食用」と表記されているものを使いましょう。ちなみに私は業務スーパーさんで約100g400円程度で購入しました。

馬刺し用に薄くスライスされているものを使っても全然構いません。

 

パックから出すとこんな感じ。まずはペーパーでドリップを拭き取ります。今回使用したものは筋がなく使いやすい状態でしたが、もし白い筋が入っている場合は硬いので取り除きましょう。

 

次にお肉をカットしていきます。切り方はお好みでいいのですが、今回はタルタルらしく小さめのダイスカットにしていきます。まずお肉を薄切りにします。

 

薄切りにしたものを並べて縦に細く切ります。

細く切ったものを今度は短くカットします。

これでダイス状にカットできましたね。お肉をカットする大きさもお好みでいいのですが、大きめだと食べ応えがあり、小さめだと柔らかく食べることができます。

 

次に薬味系を。馬刺しといえばにんにくがよく合いますよね!なので今回もにんにくを使用します。ただ、生のにんにくは匂いも辛味も強すぎるのでお湯で一度茹でてマイルドにします。

薄皮をつけたまま4分ほど茹で、粗熱が取れたら微塵切りにしましょう。

 

エシャロットも同様にみじん切りにしますが、もしエシャロットがなければ玉ねぎで代用しても構いません。エシャロットも玉ねぎも、もし辛味が強かったら水に5分ほど晒して辛味を抜くと食べやすいと思います。

 

にんにく、エシャロットと同様にケッパーもみじん切りにします。これが今回使う薬味系です。

 

ボウルに薬味、馬肉、オリーブオイル、塩を加えてよーく混ぜます。

 

セルクルにタルタルを詰めて形成して形を整えます。この形が王道なのですが、セルクルがなければ普通に盛り付けるだけでも構いません。盛り付けは自由なので笑

 

タルタルステーキの中心を少し凹ませ、そこに卵黄を乗せれば完成です!!タルタルステーキといえば調味料で自分好みに味付けするのも楽しみの一つです!

薬味にパセリやピクルスを加えたり、マスタードやレモン汁、リーペリンソース(イギリスのウスターソース)を混ぜるのも定番です。辛味が欲しければタバスコを加えても美味しいのです!

タルタルステーキはお肉さえ手に入ればとても簡単ですっごく美味しいので是非作ってみてください!オススメです!

 

 

今回も最後までお読みくださりありがとうございました!!

馬肉(生食用)

エシャロット

リーペリンソース



sponcered link

コメント