華やかな野菜とサーモンの冷製テリーヌ!

前菜




こんにちは!ラ・ターブルのコロンです!

今回は見た目も春らしく華やかな、野菜とサーモンのテリーヌをご紹介します!

テリーヌとは、テリーヌ型を使って焼いたり冷やし固めたものをいいます。

今回は色とりどりの野菜とサーモンを使ってテリーヌを作ってみました!

レモンの風味のお塩で爽やかさをプラス!

 

分量は下に記載していますが、型の大きさによって野菜の量は異なるので、様子を見て作ってみてください!

ご家庭で作る場合はそれぞれひとパックずつ買っておけば大丈夫かと思われます。

 

材料(約6人分)

テリーヌ

  • キャベツ ・・・葉を大6枚程
  • ヤングコーン ・・・8本
  • オクラ ・・・10本
  • サーモン(生食用) ・・・300グラム
  • パプリカ ・・・1個
  • インゲン ・・・15本くらい
  • コンソメジュレ ・・・適量

コンソメジュレ

  • コンソメ ・・・100ml
  • ゼラチン ・・・2g(コンソメ顆粒を使用の場合)

レモンソルト

  • レモンの皮 ・・・レモン1/3個分
  • 塩 ・・・適量

 

  • ベビーリーフ ・・・適量

 

作り方

まず、キャベツの葉から芯の部分を取り除き、柔らかくなるまで茹でます。

ヤングコーン、オクラ、インゲンを塩の入ったお湯で下茹でし(ブランシール)、氷水につけて冷やします。

それぞれヘタと先端の細い部分を切り落とし、形を整えます。

 

パプリカは半分にカットし、ヘタとタネを取り除き、コンロで直火で焼き、皮を焦がします

皮が全体的に焦げたら氷水に浸して皮をむきます。

皮をむいたら適当な大きさにカットします。

 

テリーヌ型にラップを敷き、その上からキャベツの葉を型の周りにくっつけるように貼り付けます。

お好みの順番で野菜とサーモンを重ねていきます。

point出来るだけ隙間なく敷き詰めていきましょう

 

次にコンソメジュレを作ります。

自家製のコンソメを使う場合はゼラチンを加えなくても固まることもあるので、硬さが足りなければ様子を見てゼラチンを加えます。

顆粒のコンソメを使う場合は、適度な濃度になるよう(パッケージの表示通り)に水で溶かして火にかけ、ふやかしたゼラチンを加えて溶かします。

 

pointゼラチンはコンソメの重さに対して2%の量使用します。

例 :コンソメ100ml  →ゼラチン 2g

 

ゼラチンがとけたら粗熱を取り、コンソメをテリーヌ型に流します。

コンソメを注いだら上から茹でたキャベツを被せ、その上からラップを被せます。

 

ラップの上から重りを乗せ、冷蔵庫でしばらく冷やし固めます。

私は砥石をアルミホイルで包んで重りにしました。

余ったコンソメジュレは適当な器に入れて冷蔵庫で冷やし固めておきます。

 

 

次にレモンソルトを作ります。

よく洗ったレモンの皮を用意し、皮の裏の白い部分を取り除きます。

オーブンの天板にのせ、100℃のオーブンで40分ほど加熱します。

レモンの皮がカラッカラになっていなければ追加で加熱しましょう。

 

乾いたレモンの皮をミルサーにかけて粉状にします。

 

レモンの皮のパウダーに塩をまぜ、これをレモンソルトとします。

 

冷やし固まったテリーヌをアシェット(お皿)に乗せ、砕いたコンソメジュレ、ベビーリーフやお好みのハーブを散らし、レモンソルトを振りかけたら完成です!!

華やかな見た目が春にぴったりな美味しい一皿です!

是非試してみてください!!

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございます!!

ツイッターフォローもよろしくお願いします↓



sponcered link

コメント