フランス版プリン なめらかなクレームキャラメル

デザート、お菓子




今回は、フランス版プリンの「クレームキャラメル」をご紹介します!

 

名前がフランス風なだけでほとんどプリンと同じです。

割と簡単に作れて材料も家にあるものがほとんどですので結構作りやすいと思います!

 

自分で作ったとは思えないほど滑らかで上品な甘さのプリンができますので是非お試しください!

 

 

材料

 

  • 卵黄 ・・・4個
  • 全卵 ・・・1個
  • 牛乳 ・・・370ml
  • 生クリーム ・・・125ml
  • バニラビーンズ ・・・1/4本
  • グラニュー糖 ・・・75g

 

 

作り方

 

カラメルソース

鍋にグラニュー糖を入れて中火にかけます。しばらくするとグラニュー糖が液体になり色づいてくるので、鍋を傾けて全体が同じ色になるように(色むらを作らないように)します。

 

 

上の写真のようにこげ茶色になったらお湯を一気に加えて火を止め、かき混ぜます。

お湯を加えると、ジュワッと大きな音がして結構バチバチに跳ねるので気をつけてください!

 

 

ある程度カラメルが冷えたらココットやプリン型に注ぎます。

 

 

クレームキャラメル

 

まず、バニラビーンズを縦に裂き、中身をこそげとります。

 

 

生クリームと牛乳が入った鍋にバニラビーンズのさやと中身を入れ、弱火で沸騰直前まで温めておきます。

温まったら火を止め、蓋をして蒸らしてバニラの香りを牛乳に移します。

 

 

ボウルに卵黄と卵白、グラニュー糖を入れ、すり混ぜます。

 

 

色が白っぽくなるまで混ぜます。

泡立てるのではなく、卵白をなじませてグラニュー糖を溶かすように混ぜます。

 

 

卵のボウルを混ぜながら、温めた牛乳と生クリームを合わせたものを少しづつ加えていきます。

point一気に熱い牛乳を加えてしまうと卵に火が入って固まってしまい、ダマになってしまいます。

 

 

カラメルを入れておいたココットに卵液を茶漉しで濾して注ぎます。

カップの下のカラメルは比重の関係で沈殿するので特に気にせず注いで大丈夫です(あまり大胆に注いだり、かき混ぜてしまうとダメですが…)。

 

表面に細かい泡が残っているので、それをスプーンですくって取り除きます。

これを残しておくと「す(細かい穴)」が出来てしまうので丁寧に取り除きましょう!

ガスバーナーを持っている方は表面をバーナーにかけると泡がすぐに消えます。

 

 

ココットにホイル被せて天板にお湯を注ぎ、180℃のオーブンで20分程度湯せん焼きします。

 

 

器を軽く揺すってみて表面が固まっていたら、オーブンから取り出し氷水を当てて冷やし、粗熱が取れたら蔵庫で更に2時間程度冷やします。

 

 

型から取り出す

 

プリンがしっかり冷えたら軽く濡らした指でフチの部分を軽く押して一周します。

 

 

器にプリンが入ったココットを逆さまに置き、横に数回振ります!

 

 

ゆっくりココットを外すと綺麗に型から外れます!!

これでクレームキャラメルの完成です!!

 

なめらかな口当たりと甘み、カラメルのほのかな苦味がとても美味しいです!!

スイーツの中では割と簡単な部類なので是非試してみてください!!

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございます!

【お知らせ】

お菓子作り、パン作りが好きな方には【TOMIZ(富澤商店)】

がおススメです!!

材料から調理器具まで種類が豊富で、小さいポーションのものもあるので材料を余らせたくない方にもぴったりです

⬇︎  ⬇︎  ⬇︎


今回使用した食材等をご紹介します。

バニラビーンズ



sponcered link

コメント