アサリのボンゴレビアンコ

イタリアン、その他




今回はボンゴレビアンコをご紹介します!!

 

ボンゴレビアンコはアサリとオリーブオイルのソースで作ったパスタです。

これにトマトソースを加えるとボンゴレロッソ(ロッソ=赤)になり、ビアンコにプチトマトを加えるとボンゴレマッキャートになります。

 

アサリの旨味がよく出たシンプルながらもとても美味しいパスタです!

アサリさえあれば結構簡単に作れるので美味しいのにササッと作れちゃうのでオススメです!

 

 

材料

 

  • パスタ(スパゲティ) ・・・100g
  • オリーブオイル ・・・20g
  • ニンニク ・・・1/2かけ
  • 鷹の爪(輪切り) ・・・3〜4つぶ
  • アサリ ・・・4個ほど
  • 白ワイン ・・・15ml
  • パセリ ・・・少々

 

 

準備

 

アサリはボウルなどの容器に入れて塩分濃度が3パーセント(水50mlに対して塩1.5g)の塩水を注ぎ、ボウルにアルミホイルをかけて2時間ほど置いて砂抜きします。

アサリはあまり水を入れすぎてしまうと呼吸できなくなってしまうので、ひたひたより少なめの塩水に浸します。

 

2時間経ったら塩水を捨ててアサリ同士を擦り合わせるようにして流水で洗います。

 

 

作り方

 

鍋にたっぷりのお湯を沸かし、お湯の量の1%の重さの塩(分量外)を加えます。1%は、1リットルの湯に対して塩は10gです。

パスタ自体には塩気がないので塩茹でして味をつけます。

 

塩は重さを測ってもいいですし、少し飲んでみて美味しいと思えるくらいの塩分濃度なら大体1%になっています。

また、ソースと和える時間も考慮して茹で上がりの時間(パスタの袋に書いてある茹で時間)より1分前に湯からあげます。

 

もしソースを手際よく作る自信がなければ、フライパンでソースを完成させてからパスタを茹で始めた無難だと思います。

 

 

フライパンにオリーブオイル、ニンニクのみじん切り、鷹の爪の輪切りを入れ、弱火にかけます。

弱火でじっくり熱するとニンニクの香りと鷹の爪の絡みがオイルに移り、美味しいパスタソースになります。

 

 

ニンニクがしゅわしゅわして軽く色づいてきたらアサリをフライパンに入れて白ワインを注ぎ、蓋をして酒蒸しにします。

アサリの口が開いたら蓋を外し、パスタの茹で汁をレードル半分ほど加えて軽く煮詰めます。

 

 

茹で上がったパスタをフライパンに加えて火を止め、パスタとソースを絡めます。

パスタの茹で汁とアサリから出た塩気で塩味はある程度あると思いますが、味見をして足りなければ塩で味を調えます。

 

 

器に盛り付けたらオリーブオイルとパセリを散らして完成です!!

アサリから出た旨味、ニンニクの香りとピリッとした辛さが食欲をそそります!

結構簡単に作れるのでぜひ試してみてください!!

 

 

今回も最後までお読みくださりありがとうございます!!

【お知らせ】

ラム肉やジビエのお肉など、珍しいお肉が欲しい方は、スーパーでは手に入らないユニークなお肉が、500種類【ミートガイ】
がおススメです!
大きめのお肉も手に入るのでローストビーフ作りにも!

⬇︎  ⬇︎  ⬇︎



sponcered link

コメント