牡蠣のコンフィ

アミューズ、おつまみ




今回は牡蠣のコンフィをご紹介します。

 

コンフィとは低温の油でゆっくり火を入れる調理法で(詳しくはこちら)、お肉や魚介類など幅広く使われます。

このコンフィはお肉だと結構時間がかかるのですが、牡蠣だと身が小さいので短時間でできます!

 

コンフィにすることで身が柔らかくふっくらと仕上がり、白ワインのおつまみなんかにもぴったりです!!

 

 

材料

 

  • 牡蠣 ・・・10個ほど
  • 白ワイン ・・・牡蠣が浸かるくらい
  • 塩 ・・・5g
  • 鷹の爪 ・・・一本
  • ローリエ ・・・1枚
  • オリーブオイル ・・・牡蠣が浸かるくらい

 

 

作り方

 

まず牡蠣を軽く冷水ですすぎ、塩をスプーン1/2杯分(分量外)ほどまぶして手でよく揉み込みます。

塩を揉み込んだ後10分ほど置いておきます。こうすることで牡蠣の臭みが浮き出てきます。

 

浮き出てきたぬめりと臭みを冷水でよくすすぎます。数回水を変えながらよく洗いましょう。

 

水気を切ったらボウルに移し、塩と白ワインで漬けて残った臭みを抜きます。

冷蔵庫で1時間ほど漬けておき、漬け終わったらザルに開けて(白ワインは臭みが出てるので捨てちゃいます)、牡蠣の周りについている白ワインをペーパーでよく拭き取ります。

 

牡蠣を鍋に並べて浸るくらいのオリーブオイルを注ぎ、鷹の爪とローリエを加えます。

一番弱い火にかけて牡蠣から静かに泡が出てきたらそこから6分加熱します。

ずっと火にかけていると温度が上がってグツグツしてしまうので、時々火から下ろして温度をキープします。温度計があるなら常に85℃をキープするようにしましょう。

 

6分経ったら火を止めて荒熱を取り、容器に牡蠣を入れて浸るようにオイルを注いで一晩寝かせます。

 

これで牡蠣のコンフィの完成です!!

食べる時はオイルから出してお好みでピンクペッパーなどを添えて食べましょう!

 

牡蠣のコンフィは使ったオリーブオイルと一緒にパスタにしてもとても美味しく食べられます!レシピはこちら↓

coming soon

 

 

今回も最後までお読みくださりありがとうございました!!

生牡蠣

ローリエ

ピンクペッパー



sponcered link

コメント