アールグレイとりんごのタルト

デザート、お菓子
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
[ad01]




今回はアールグレイとりんごのタルトをご紹介します!!

 

アールグレイのムースにキャラメリゼしたりんご、ヘーゼルナッツのクランブル(砕いたクッキーのようなもの)を組み合わせたデザートとなっています。

イギリスのデザート「アップルクランブル」をタルト仕立てにし、同じくイギリスのアールグレイを組み合わせたイメージで、上品で大人な味わいになっています。

 

 

材料(タルト1台分)

 

  • タルト生地(焼いたもの)・・・1台(5〜6号)

りんごのキャラメリゼ

  • りんご ・・・2個
  • グラニュー糖・・・100g
  • グラニュー糖(後入れ)・・・40g

アールグレイのムース

  • 牛乳 ・・・200ml
  • アールグレイ茶葉 ・・・4g
  • グラニュー糖 ・・・20g
  • ゼラチン(水12gでふやかしておく) ・・・6g
  • 生クリーム ・・・70g
  • グラニュー糖(生クリームに入れる)・・・10g

ヘーゼルナッツのクランブル

  • ヘーゼルナッツ ・・・30g
  • バター ・・・30g
  • 薄力粉 ・・・30g
  • グラニュー糖 ・・・30g

 

作り方

 

まず最初にタルト生地を焼いておきます。ムースやリンゴを調理する前に焼いておくとスムーズに作業できます。ここでタルト生地の作り方を載せるとかなり長くなってしまうので、今回は省略させていただきますので、作り方はこちらからご参照ください⬇︎

甘いタルト生地 パート・シュクレの作り方
今回はパート・シュクレをご紹介します。 パート・シュクレは一般的なタルト生地のことでデザートに使う甘くサクサクっとした生地です。 ちなみに「パート」という言葉はフランス料理やデザートにおいて、「生地」という意...

 

また市販されている出来合いのタルト生地を買ってきて使っても全然構いません。カルディなんかで売ってますね。

 

 

りんごのキャラメリゼ

それではリンゴのキャラメリゼから作っていきましょう。りんごは皮を剥き、3〜4センチ角にカットします。

 

フライパンにグラニュー糖を入れ、中火にかけて焦がしていきます。

 

砂糖が結晶化してしまうため、火にかけてからはヘラ等で混ぜずに、フライパンを傾けながら均一に色づくように混ぜてあげましょう

火にかけていくとグラニュー糖が透明な液体になり、段々と黄色→茶色と色づいてきます。

 

だんだんと褐色から黒に近づいていきます。真っ黒になると炭になってしまうので、上の写真のような少し赤みがあるくらいの色を目指します。

 

カラメルがしっかりと目安の色になったら、すぐにカットしておいたりんごを全て加えます。りんごを入れると温度が下がってカラメルの焦げの進行が止まります。

 

りんごから水分が出てくるのでそのまま火にかけていきます。自分から出た水分で煮込むようなイメージで。

りんごを加えるとカラメルが固まるので、塊を溶かしながら煮ていきます。また、グラニュー糖は焦がすと甘みが弱くなるので、甘みを加えるために残りのグラニュー糖を加えましょう。

 

リンゴから出た水分が煮詰まってくるととろみがつき、ヘラで混ぜた時に「モーゼの十戒(笑)」のように道が開きますので、こうなるくらいまでりんごを煮ていきましょう。

 

 

十分煮えたらボウルに移して落としラップをかけ、しばらく常温で粗熱をとります。

ある程度冷めたら冷蔵庫で冷やしておきましょう。

 

アールグレイのムース

鍋に牛乳を入れて弱火にかけ、沸騰直前まで温めます。温まったら火を止めてアールグレイの茶葉を入れ、蓋をして5分ほど蒸らして抽出します。

十分に抽出できたらグラニュー糖、ふやかしたゼラチンを加えてよく混ぜ溶かします(火は消えたまま)。

 

ゼラチンが完全に溶けたらペーパーで濾して茶葉や牛乳に張った膜などを取り除きます。ティーバッグを使ったとしても、結構細かい茶葉が残ってたするので濾した方がいいと思いますが、そんなに気にしないなら濾さなくてもまあ大丈夫です。

濾したミルクティーはボウルに移して粗熱をとります。

 

別のボウルに生クリーム、グラニュー糖を入れてホイッパーで立てておきます。8分立てくらいで。

 

先程のミルクティーが入っているボウルの底を氷水につけて、ミルクティーがとろっとしてくるまで混ぜながら冷やしていきます。

ゼラチンが入っているので冷えるほどとろみがついてくるので、中華あんかけくらいのとろみになるまで混ぜながら冷やしましょう。

きちんととろみがついたら先程立てた生クリームを3回ほどに分けて加えます。

 

なるべく生クリームの泡を潰さないように優しく混ぜてあげましょう。

 

しっかりと混ざったら焼いておいたタルト生地の八分目くらいまでムースを注ぎ、冷蔵庫で固まるまで3時間ほど冷やしておきましょう。

タルト台の大きさによってはムースが全て入り切らない場合もあるので、無理して全部注がなくて大丈夫です。

 

ヘーゼルナッツのクランブル

ヘーゼルナッツをフードプロセッサーで粉状にします。ナッツの油分で周りにくっついて多少回しにくいですが、細かくなるまでよく回します。

 

バターは小さめに角切りにし、よく冷やしておきます。

 

バターのボウルに全ての材料を入れて混ぜ合わせていきます。指でバターを潰しながら粉類となじませ、そぼろ状にしていきます。

大体馴染んだら、冷蔵庫に入れて軽く冷やしたら、大きな塊を砕くように再びそぼろ状にします。

 

180℃のオーブンで10〜15分ほど焼いて粗熱を取ったら完成です!!

 

 

組み立て

 

ムースが固まったらキャラメリゼしたりんごを隙間なく敷き詰めます。ムースが崩れない程度にギュギュッと隙間をこじ開けながらキツめに詰めましょう。

 

最後に適当な大きさにクランブルを砕きながら乗せます。ちょっと大きめに砕くとザクザク食感になって美味しいと思います。

これでアールグレイとリンゴのタルトの完成です!!

 

仕上げに粉糖なんかかけてみてもオシャレですね。アールグレイの上品な香りとりんごの甘酸っぱさ、カラメルのほのかな苦味がなんとも大人な味わいです。香りのいいザクザクのヘーゼルナッツのクランブルもいいアクセントになってとても美味しいタルトです!

ぜひ作ってみてください!!

 

 

今回も最後までお読みくださりありがとうございました!!

タルト台

【お知らせ】

お菓子作り、パン作りが好きな方には【TOMIZ(富澤商店)】

がおススメです!!

材料から調理器具まで種類が豊富で、小さいポーションのものもあるので材料を余らせたくない方にもぴったりです

⬇︎  ⬇︎  ⬇︎




sponcered link

コメント