しっとりと濃厚なガトーショコラ

デザート、お菓子




今回はデザートの定番のガトーショコラをご紹介します!

いわゆるチョコレートケーキですね!

 

ガトーショコラは普通そのまま食べるのですが、今回はしっとりとさせるためにシロップを染み込ませています。

 

また、この記事では、5.5 ×13cm、容量130mlほどの直方体の型を使っています。

作る量によって、この記事の分量を2倍、3倍にして作ってみてください。

 

 

材料

 

ガトーショコラ

  • チョコレート ・・・13g
  • 生クリーム ・・・6ml
  • 薄力粉 ・・・48g
  • バター ・・・62g
  • 卵黄 ・・・1個
  • 卵白 ・・・1個
  • グラニュー糖 ・・・62g
  • ココアパウダー ・・・10g
  • アーモンドプードル ・・・12g
  • ベーキングパウダー ・・・1g

シロップ

  • グラニュー糖 ・・・90g
  • 水 ・・・180ml
  • ラム酒 ・・・20ml

 

チョコレートは「クーベルチュール」という製菓用のチョコを使いますが、手に入らない場合は市販のブラックチョコレートでも大丈夫です。

一応クーベルチュールチョコレートのリンクをこの記事の一番下に貼っておくのでよろしければ買ってみてください!

 

 

作り方

 

ココアパウダー、アーモンドプードル、薄力粉、ベーキングパウダーを合わせてふるっておきます。

 

 

別の容器に生クリームとチョコを入れ、湯せんにかけてチョコを溶かします。

 

 

常温にもどしたバターをゴムベラで軽く練り、そこにグラニュー糖を加えてよく混ぜ合わせます。

 

 

そこに卵黄を加え、再びよく混ぜ合わせます。

 

 

バターのボウルに粉類を加え、ダマにならないようによく混ぜます。

 

 

卵白を泡立て、10分立てのメレンゲにします。

ボウルに油分や水分が少しでもあると、キチンと泡立たなくなるので、必ずキレイなボウルを使い、水分が入らないように気をつけましょう。

 

 

バターと粉類を混ぜ合わせたボウルに、生クリームとチョコレートを合わせたものを加え、よく混ぜます。

そこにメレンゲを2回に分けて加え、出来るだけメレンゲを潰さないように混ぜ合わせます。

 

生地が少し固めなので、メレンゲが潰れやすいですが、なるべく気をつけて混ぜましょう。

 

 

オーブンシートを型に敷き、生地を流し入れます。

スプーンで表面をならし、180℃のオーブンで40分ほど焼きます。

point竹串を刺して、竹串に生焼けの生地が付かなかったら焼き上がりです。

 

 

焼きあがったら型から外して網に乗せて粗熱を取ります。

型から取り出しにくい場合は、パレットナイフなどを型の周りに差し込むと取り出しやすくなります。

 

 

鍋にシロップの材料を全て入れ、軽く温めてグラニュー糖を溶かし、粗熱を取ります。

ガトーショコラ自体に甘みがしっかりついているため、シロップの甘さは控えめにしてあります。

 

 

ガトーショコラにシロップをハケで染み込ませていきます。

途中、表面が水分を吸ってポロポロと崩れやすくなりますが、崩れないように優しく、シロップをすべて染み込ませていきます。

 

染み込ませ終えたら、しばらく置いておき、馴染ませます。

1時間ほど置いておいたら、ラップに包み、冷蔵庫で冷やしておきます。

 

 

フランボワーズ(ラズベリー)とイチゴ、ミント、フランボワーズソースを添え、粉糖をまぶしたら完成です!

フランボワーズソースの作り方はこちら↓

甘酸っぱいフランボワーズのソース
フランボワーズの香りと甘酸っぱさが美味しいデザートソース。

 

しっとりとラムが香るチョコが濃厚なガトーショコラです!

お客様のおもてなしやバレンタインデイなんかにもオススメです!

是非お試しください!

 

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございます!

【お知らせ】

お菓子作り、パン作りが好きな方には【TOMIZ(富澤商店)】

がおススメです!!

材料から調理器具まで種類が豊富で、小さいポーションのものもあるので材料を余らせたくない方にもぴったりです

⬇︎  ⬇︎  ⬇︎


今回使用した食材等をご紹介します

チョコレート(クーベルチュール)

アーモンドプードル

粉糖

ココアパウダー

ベーキングパウダー

ラム酒

パウンド型


sponcered link

コメント